Koe to Ehon SHONAN
日英絵本ソムリエと深める、絵本とおうち英語時間
ラズキッズ

Raz Kidz(ラズキッズ)とは?特徴とサービスについて

おうちで英語に親しんでいる(おうち英語)家庭でしたら、

動画や音楽等の「英語の音をかけ流す」ことを

していらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

お子様が何歳の時に始められたかにもよりますが、

インプットの時間を1日1~2時間積み重ねていくと、

言葉のアウトプットが始まったり、

フレーズで気持ちが伝えられるようになったりと、

親としては嬉しい瞬間が沢山やってきます。

 

さぁでは、英語の音のインプットを続けてきた、その先は・・・?

 

「この先、何をしたらいいの???」

「どうしたら、子どもがちゃんと、英語の文を読めるようになるの?」

 

特に英語に苦手意識があるお父さんやお母さんこそ、

不安になる事があるのではないでしょうか。

 

私は、こんな時こそ、スモールステップがとても大切だと思います。

日本語絵本も英語絵本も、継続して一緒に楽しむ。

 

その上で、読んでいるうち、お子さんが文字に興味を持ち始めたタイミングが

今回ご紹介する、ラズキッズのベストな導入時期だと思います☆

さぁでは、ラズキッズの詳細を、見てみましょう♪

【 ラズキッズ とは? 】

参考URL(英語のページのみ):

https://www.raz-kids.com/

英語圏の小学校でリーディング教材として

使用されている、オンライン型の図書システムで、

近年は、英語を第二言語として学ぶ地域の学校でも導入が進んでいます。

【 ラズキッズの特徴は? 】

29レベル(AA~Z2)に分かれていて、400冊以上の本が読める。

Listen(聴く)⇒Read(録音して読む)⇒Quiz(クイズ)で理解が進む。

※一番かんたんなAAレベルにはクイズがついていません。

タブレットやスマートフォンからアプリを入れて使用する

(iPhone, iPad, Android 対応)

ネイティブの読み上げ音声がついていて、

読み上げられている箇所の色が変わるので、文字の認知能力も上がる。

・聴いたり読んだりクイズに答えたりすることで、starがもらえて、

そのstarを使ってアバターを着せかえしたり、

ロケットルームのコーディネートを楽しめます。

オプション RazPlus(ラズプラス)とは?】

5万冊以上のリーディング素材

・ジャンルが多岐に渡りクイズも多様。英検対策にもなると言われる。

・レベル全開放のため、ママも使える。(ママの英語力もアップ

スペイン語絵本もあるので、多言語にチャレンジしたい方にはかなり良い。

・(我が家愛用!)Reading Room内の”Trade Book Quizzes”には、

クラシック絵本のリストがあり、そのリストをもとに

自分で図書館へ行って借りたり購入したりして、紙の絵本を読む。

その後、ラズキッズでこのコーナーのクイズに答えると、

理解が深まり、読書がより一層楽しくなる。

【当方で追加しているオプション Vocabulary A-Z(ボキャブラリー)とは?】

語彙力強化につながる、ゲームベースのアクティビティです。

文脈の中で語彙を理解できるようになるためのツールとなります。

読める子向けなので、読み始めたばかりの頃には少し難しい可能性があります。

お子さんがその年齢に達していない場合は、ママのお勉強用としてご活用下さい。

【 対象年齢 】

読むことに興味が出てきたタイミングがおすすめ。

(ネイティブ年齢の目安は4歳~12歳ですが、年齢に達していても

興味がない段階で始めると、いやになっちゃうかもしれません😅

フリートライアルのご利用をおすすめします。)

【お申込みについて】
恐れ入りますが、当方のラズキッズは2022年1月上旬にスタートし、
現在定員いっぱいとなっております。
次回募集は2022年11月下旬〜12月上旬を予定しています。
こえとえほん湘南公式ラインから先行予約を始めますので、
参加をご希望の方は公式ラインにご登録の上、お待ち下さい。

低年齢(0-3歳)のお子様によるタブレット使用はおすすめしておりません。

【 Special Thanks To・・・】

ラズキッズについてはこちらのサイト↓を運営する、

mutumutuuさんのインスタライブで知りました。

とにかくハッピー!姉妹のキッズ英語

ラズキッズについての記事も
とてもわかりやすくまとめておられます。